PowerCMS Xでテキストエリア型入力項目をリッチテキストに変えたいときー

投稿日:

調査の備忘録。

PowerCMS X案件における改修で、任意のモデルの編集画面のテキストエリア型入力項目を、リッチテキストに変えたいときが出てくると思われるが、実際やるときにどういう影響が出るのか、他に何を気にするのかを調べる。

前提として、任意の対象モデル(以降モデルA)に次の設定でテキストエリア型カラムを新設。
※記載の無いものはデフォルトのまま。

  • ラベル:内容詳細
  • タイプ:テキスト
  • NOT NULL:checked
  • 編集表示:リッチテキスト

この上で、以降の手順を実施。

1.モデルAのオブジェクト(以降オブジェクトA)の新規作成画面を開き、入力項目「内容詳細」に次のように入力し、保存。

<a href="//hoge.net">
<p>
<dl>
<dt>テスト</dt>
<dd>これはテストです。</dd>
</dl>
<p>
<a>

2.モデルAの編集画面より、「内容詳細」の設定を次のように変更。

  • 編集表示:リッチテキスト

3.オブジェクトAの編集画面より、「内容詳細」の表示、および入力内容のソースコードを確認。

結果、リッチテキストにて次のように入力内容が整形されていた。

<dl>
<dt>テスト</dt>
<dd>これはテストです。</dd>
</dl>
<p>&nbsp;</p>

また、オブジェクトAの保存は問題無く出来た。

関連するタグ

PowerCMS X 3.4, TinyMCE 5.5.1