Github Desktop にbacklogのリポジトリをhttpsでcloneする時の認証で使うパスワードの取得

投稿日:

何回もハマった気がするのでメモ。

以降はMacでの話だが、Windowsでもあまり変わらないと考えられる。

Github Desktop なるツールがGitHubの公式から出ており、これを使っている。

その中でbacklog側のリポジトリと連携させようとして、GitHub Desktop側にbacklog側のリポジトリのクローンを作ろうと、次の手順を行う。

  1. backlogのプロジェクトの管理画面のメニュー「Git」から、リポジトリの一覧を開く。
  2. 対象のリポジトリの項目内のドロップダウンで「https」を選択
    →右の一行テキストコントロールにクローン用のURLが表示される。
  3. メニューの「File>Clone Repository」を押下。
    →ダイアログ「Clone Repository」がポップアップ。
  4. タブ「URL」を選択。
    →URL入力欄が表示される。
  5. 先の手順で取得したbacklog側のリポジトリのクローン用URLを、URL入力欄に設定して、「clone」ボタンを押す。

すると、ユーザーネームとパスワードを求める認証ダイアログが表示される。
backlogアカウントの情報を入力すればいいのか、と思ったが、何故か通らず。

ググるとどうも、backlogの管理画面から連携用のパスワードを新規に設けねばならない、とのこと。

backlogの管理画面の「個人設定」のメニュー「パスワード」からパスワードを作成し、それを先述の認証ダイアログに入力すると認証通った。

(23/07/04 追記)

認証ダイアログのユーザー名はbacklogに登録したアカウントのメールアドレス。

(23/12/11 追記)

記事タイトルを修正しました。htttpsって。

関連するタグ

Backlog, GitHub Desktop 3.1.8, macOS Ventura 13.2.1